銀行のカードローンなら低金利で借りられる

カードローンは保証人無しの無担保でお金を借りられるため、今月の生活費が苦しいなという時に便利な金融商品です。近年では消費者金融が大々的な広告を打ち出しているので、テレビや雑誌などの広告を見て知らない人はいないでしょう。(カードローンおすすめ会社を紹介申し込みから審査、実際にお金を借りるまでの時間も早く、タイミングによっては即日で済ませることもできるため、冠婚葬祭など急な出費が必要な時でも使えるのが特徴です。借り入れの限度額はありますが、回数は決まっておらず、限度額以内であれば何度でも利用できるため、契約を続けていればいざという時でも役立つのです。しかし、いくらお金が借りられると言っても、無利子というわけではない点に注意しなくてはいけません。

誰もがカードローンを利用する場合に気になるのが金利で、店舗が多く審査も早い消費者金融では18%前後かかります。年間の金利のためたかが18%と思われがちですが、やはり少なくない金額となり、元金に加えて利息分を支払うことになるためかなりの出費が必要になります。また、返済期間が長くなればその分だけ利息が増えるので、少しずつ返済していくと余計な出費が増えてしまうものです。カードローンは消費者金融が主戦力として扱っている金融商品ですが、銀行でも同様に扱っていて、金利も15%前後と少ないので気になる人は検討してみると良いかもしれません。その後差は3%前後と大して変わらないように見えますが、借りる金額と返済期間によっては数万円から数十万円の誤差が出てくるのです。銀行のカードローンは審査が厳しく通りにくいという難点もありますが、仕事をして安定した収入があり、金融事故などを起こさず生活している人にとっては難しくありません。審査期間が長かったりするなどのデメリットもありますが、もしも審査に受かるようであれば消費者金融より銀行のカードローンを選ぶべきでしょう。どれだけ便利なサービスがあっても、やはり金利が少しでも少ないほうが良いことに違いはありません。